ブロックチェーン

ブロックチェーンアプリの開発で何が変わる?開発に携わる4つの方法

ブロックチェーンは、仮想通貨や資産取引の台帳を分散して安全に管理する技術のひとつです。ビットコインなど仮想通貨が多くの人々に知られるようになり、ユーザーが増えるとともに話題になりました。ネットやニュースなどでもその名前をよく耳にするようになりましたよね。

ブロックチェーンという名前の通り、取引のデータ、つまり履歴をまとめたかたまりをブロックと呼び、そのブロックを鎖のように連ねて保存していくためブロックチェーンと呼ばれています。

分散管理が特徴で、銀行のように管理機関が一括してデータを管理しているわけではありません。管理機関の運営にかかわるコストが必要なく、システム障害にも強いという利点を持っています。

そんなブロックチェーンのアプリの開発が日進月歩で進んでいます。ブロックチェーンが今よりもっと身近に感じられるようになることで、私たちの生活はどう変わっていくのでしょうか。また開発に携わるための4つの方法についてもご紹介します。

▼ 当サイトのおすすめプログラミングスクール ▼ 

【1位】 GEEK JOB  《20代なら完全無料で未経験から最短22日転職が可能!》
【2位】 TechAcademy 《PC1台で時間も場所も選ばず完全オンラインで学べる!》
【3位】 WebCamp PRO 《未経験・初心者の方でも”転職・就職保証型”プログラミングスクール》

ブロックチェーンアプリ・ゲームなどの未来はどう変わる?

ブロックチェーンのアプリやゲームなどの開発で、未来はどう変わっていくのでしょうか。ブロックチェーンのアプリやゲームがもたらす変化について見てみましょう。

選挙などの投票が簡単でクリーンに行えるようになる

ブロックチェーンがいろいろな地域で選挙に活用されるようになるかもしれません。ブロックチェーンは暗号化技術と分散型管理というふたつの大きな特色を持ったブロックチェーンを利用することで、選挙の不正を回避したり、公約を市民ひとりひとりが永久的に保存でき、いつでも閲覧できるなど、クリーンな選挙が実施できるようになると考えられています。

まだセキュリティ面など問題点がないわけではなく、批判の声もあります。しかしそのうち、ブロックチェーンを用いたネット上の公正な選挙が当たり前、という日が来る可能性も、あるかもしれないのです。

ゲームをしながら資産運用が可能になる

ブロックチェーンの技術をもとに、Dappsという分散型アプリケーションが開発されました。これを応用すると、ゲームもできるようになります。ソースが公開されていて、特定の管理者のコントロールは必要ありません。トークンによる経済圏が成立していて、ユーザーの改善要求で仕様変更も行うことができます。

そんなブロックチェーンのゲームなら、トークンを利用することで資産が残ります。ゲーム内通貨に仮想通貨を利用することができるため、溜まっていけば換金することも可能です。つまり、ゲームを楽しみながら資産運用もできるのです。

資産運用のやり方を遊びながら学ぶことができる

資産運用が可能になるゲームが登場したことで、実際の資産運用のやり方を遊びながら学ぶことが可能になります。これからの超高齢化社会では、自身で資産を作り老後に備えることがとても重要になると言われています。若いうちから資産運用について楽しみながら学ぶことができれば、とても役に立ちますよね。

ユーザー間で様々なものの売買ができるようになる

また実際に換金性を持つ仮想通貨を利用することができるので、ユーザー間で物の売買もできるようになります。店舗を持ったり、特定の管理運営会社を通すこと無く、自由な売買をスタートしたりすることが可能になるのです。

ブロックチェーンでアプリの開発を仕事にするメリット

ブロックチェーンの技術を活かしてアプリ開発をすることを仕事にすると、現在大きなメリットがあると言われています。ブロックチェーンエンジニアを目指す目標にもなりますね。

ブロックチェーンエンジニアが少ないので仕事に困らない

ブロックチェーンは、まだ開発されて間もない技術です。しかし仮想通貨がどんどん進化するに従って、ブロックチェーンの有用性も知られるようになり、ユーザーも増えています。しかしブロックチェーンに精通したエンジニアは不足している状況です。そのためブロックチェーンに関する深い知識を持ったエンジニアとなれば、仕事に困ることは無くなるでしょう。

ブロックチェーンエンジニアになると高額報酬を得られる

ブロックチェーンエンジニアになると、他の人にはない技術を有しているため高額報酬を得られる可能性があります。自身でフリーエンジニアとして事業を展開するもよし、大企業のトップエンジニアとして活躍するという選択肢もあります。

大手企業のアプリ開発に携わる事ができる

大手企業のアプリ開発にも携わることができるようになります。大手企業でもブロックチェーンエンジニアは引く手あまた。今だからこそ必要とされる人材です。これから開発されてゆく新しいアプリにも携われるようになります。

ブロックチェーンアプリの開発エンジニアになるための4つの方法

ブロックチェーンアプリの開発エンジニアになるためには、4つの方法があります。それをご紹介しましょう。

ブロックチェーン技術の基本を理解する事

まずはブロックチェーン技術の基本をマスターすることに尽きます。基礎からしっかり学び、そのシステムを完全に理解しなければ開発エンジニアとして渡り歩いていくことはできません。最低限必要な知識としてしっかり学びましょう。

関連記事:ブロックチェーンの本おすすめ!初心者から上級者まで納得の14選!

ブロックチェーンのプログラミング言語を学ぶ

ブロックチェーンに使用されているプログラミング言語を学ぶことも、当然ですが必要です。ブロックチェーンにはJavascriptやPython、Ruby、PHP、そしてSolidityなどのプログラミング言語が使用されています。

ブロックチェーンエンジニアの就職サイトを利用する

ブロックチェーンエンジニアの就職サイト、求人サイトの情報もチェックしてみましょう。いろいろな企業が狙っているので、より良い環境の職場を探したいですね。

プログラミング初心者の場合はスクールに通うという選択も必要

これまでもエンジニアとして活躍していたという方ならプラスαの学習で技術を習得できるかもしれませんが、プログラミング初心者の場合は、自主学習では難しいこともあります。そういった場合は、ブロックチェーンに関する講義を開いているスクールに通って学ぶことも必要になります。

関連記事:ブロックチェーンエンジニア希望者におすすめのエンジニアスクール3選

ブロックチェーンアプリの開発の現状

ブロックチェーンアプリの開発の現状は、どういった状態になっているのでしょうか。今後の就職・転職のためにも詳しくチェックしてみましょう。

ブロックチェーンアプリ開発ができるエンジニアが圧倒的に不足

今はブロックチェーンアプリの開発ができるほどの知識と技術を持ち合わせた、ブロックチェーンエンジニアが圧倒的に不足している状況です。アプリ開発は急がれているのに、必要な技師が足りていないため、人手不足になっています。

そのため、ブロックチェーンエンジニアは引く手あまたの状況と言えるでしょう。技術を持っているなら絶好の就職・転職チャンスですし、まだ技術を習得していない場合も、急いで学べば良い就職・転職口を探すことができますよ。

エンジニアの需要が大きいので未経験者でも採用の可能性がある

エンジニアは経験がものを言う仕事とみなされているため、転職の場合は経験者優先と但し書きがされていることが少なくありません。しかし先ほどからご紹介しているように、ブロックチェーンエンジニアを必要とする業界は今、人手不足にあえいでいる状況です。そのため技術さえ学べば未経験者でも採用される可能性が高くなっているのです。

ブロックチェーンエンジニアになるなら今!

つまり、稼げるブロックチェーンエンジニアになるなら今が絶好のチャンスということです。時期を取り逃さないよう、チャンスの女神の前髪をしっかりつかんでおきましょう!

ブロックチェーンアプリのまとめ

ブロックチェーンアプリは今後公正な選挙に使用されたり、ゲームをしながら資産運用できるようになったりするなど、大きな期待が集まっています。しかし扱えるエンジニアが圧倒的に少ないのが現状です。ブロックチェーンエンジニアになりたい、という方は今がチャンス、ということをしっかり胸に刻んで転職先・就職先を探しましょう。

関連記事

  1. ブロックチェーン

    ブロックチェーンのプログラミング言語を学ぶ時の4つのあるあると解決策

    ブロックチェーン技術は非常に注目を集めている技術です。ブロックチェーン…

  2. ブロックチェーン

    ブロックチェーンエンジニアに未経験でチャレンジする4つのメリット

    仮想通貨がメジャーになるとともに、ブロックチェーンについて興味を持つよ…

  3. ブロックチェーン

    ブロックチェーンを物流に使う4つの効果と2つの課題点とは?

    ブロックチェーン技術は世界中から注目を集める技術です。あらゆる分野での…

  4. ブロックチェーン

    ブロックチェーンが電力会社に活用される2つの理由と4つのメリット

    ブロックチェーン技術がさまざまな分野への応用が進む中、電力会社にもブロ…

  5. ブロックチェーン

    ブロックチェーンエンジニアを独学で目指す人ができると嬉しい3つの事

    ブロックチェーンは、元々仮想通貨を運用するために基盤となっている技術で…

  6. ブロックチェーン

    ブロックチェーンのメリット3つからわかる仕組みや期待される理由

    2017年は仮想通貨元年といわれ、それまで認知度が低くかった仮想通貨も…

最近の記事

アーカイブ

  1. 仕事・キャリア

    エンジニアのスキルとは?企業が何を求めているのかまとめ
  2. プログラミング学習

    プログラミングを挫折しそう!どうすれば良い?
  3. プログラミングの基礎知識

    プログラミングにはセンスが必要!その才能を伸ばす方法
  4. プログラミング学習

    プログラミングが伸びない人の共通点!実践可能な伸ばし方
  5. プログラミングの基礎知識

    プログラミングの資格の種類と取得方法
PAGE TOP