ブロックチェーン

ブロックチェーンのプログラミング言語を学ぶ時の4つのあるあると解決策

ブロックチェーン技術は非常に注目を集めている技術です。ブロックチェーンエンジニアに必要なプログラミング言語を学習する際、学習者が経験する4つのあるあるが存在します。

この記事では4つのあるあると、その解決策を解説していきます。

▼ 当サイトのおすすめプログラミングスクール ▼ 

【1位】 GEEK JOB  《20代なら完全無料で未経験から最短22日転職が可能!》
【2位】 TechAcademy 《PC1台で時間も場所も選ばず完全オンラインで学べる!》
【3位】 WebCamp PRO 《未経験・初心者の方でも”転職・就職保証型”プログラミングスクール》

ブロックチェーンの技術を使って企業はこう変わる!?

ブロックチェーン技術は仮想通貨の基盤となる技術として有名ですが、ブロックチェーン技術を応用してさまざまな分野での応用が始まっています。ブロックチェーン技術を応用すると、企業の業務はどのような変化を遂げるのでしょうか。

企業の業務を効率化する事が可能となる

ブロックチェーン技術を応用すると企業の業務の効率化が可能です。

分散型台帳と呼ばれる技術を応用するとデータの信頼性が保たれ、システムダウンのリスクがなくなります。スマートコントラクトと呼ばれる技術を応用すると自動で契約を行えるなど、企業のさまざまな業務の効率化を進めることができるでしょう。

同じシステムの世界中の企業との取引がスピーディーになる

ブロックチェーン技術を利用したシステムを構築している企業であれば、世界中の企業との取引をスピーディーに行えます。

世界中の企業と取引を行おうとすると間にさまざまな企業が介在するため、取引1つを行うにも時間的コストがどうしても発生してしまいます。取引企業も同じシステムを利用していると直接取引が行えるため、時間も経費も抑えることが可能です。

管理の分散化ができシステムダウンに強くなる

従来は膨大なデータを1つのシステムで管理していましたが、ブロックチェーン技術はデータの分散管理を行っているため、あるシステムがサイバー攻撃を受けたとしてもシステムがダウンするリスクはありません。

情報の共有ができ透明性の高いシステムが作れる

ブロックチェーン技術の特徴は、整合性の高いデータが共有できるという点が挙げられます。ネットワーク参加者同士でお互いの不正を監視しながらデータの共有を行っているため、不正が起こりにくく透明性の高いシステムを作れます。

エネルギー供給システムやエネルギーの売買が簡単になる

ブロックチェーン技術を応用すると、エネルギー供給システムやエネルギーの売買をシンプルに行えます。エネルギー供給システムによりエネルギーの売買を個人でも行えるようになりました。システムにブロックチェーン技術を利用すると、個人間で透明性の高い取引を行え、取引にかかるコストの削減も可能です。

ブロックチェーンエンジニアに人気のプログラム言語は4つ

ブロックチェーンシステムを開発するエンジニアに人気のプログラミング言語を4つ紹介していきます。

Python

パイソンとは人工知能や教育の分野などの幅広い分野で利用されているプログラミング言語です。少ないコードでプログラミングを行え、コードが読みやすいといった特徴があります。パイソンで作れるものに以下のものがあります。

  • Webアプリなど
  • ゲーム
  • 人工知能

他にも「YouTube」「Evernote」などがあります。

Solidity

イーサリアムがスマートコントラクトの記述を簡単に行うために開発したプログラミング言語です。将来的にもイーサリアムは発展していく可能性が高く、Solidityは将来有望なプログラミング言語の1つといえるでしょう。

Java

アプリ開発など幅広く利用されているプログラミング言語です。Javaでプログラミングすると、どのOS上でも稼働できるといった特徴をもっています。使用用途はさまざまであり、Webサービスやスマホやデスクトップアプリ、カーナビや家電などに幅広く使用されています。

C言語

C言語はプログラミング言語の1つですが、「コンパイル」※1と呼ばれる作業が必要な言語です。他のプログラミング言語と比べると利便性は高くありませんが、C言語で書かれたプログラミングの処理速度は他のプログラミング言語と比べると処理速度が最速です。

※1コンパイル:ソースコードから機械が稼働できる言語に翻訳すること。

ブロックチェーンエンジニアが語る4つのサンプルプログラムあるある

プログラミングの学習を独学で始めようとした時の4つのあるあるをご紹介します。

本を見て自分で入力するとなぜか動作してくれない

本を見ながらプログラムのサンプルコードを入力しても動作しないことがよくあります。この場合、考えられる原因のほとんどが「スペルミス」でしょう。サンプルコード通りに入力はしているでしょうか。スペースやカンマの位置は正しいのか抜けていないか1文字1文字チェックして見てください。

見直してもどこがおかしいのかがわかりにくい

サンプルプログラムはサンプルコード通りに入力しなければいけません。最初のうちはどこがおかしいのか見直しをしてもわかりにくいと思います。ですが、この「間違いを見つける」という作業は、プログラミングをする上で非常に重要なスキルです。

できたらサンプルプログラムをコピペしたい

プログラムを稼働させるためには正確にコードを入力する必要があるのですが、1文字1句間違えて入力してしまうとプログラムは動作しません。だったらプログラムをコピペしてしまえばいいじゃん!と思ってしまうかもしれませんが、コピペをしてしまうと、エンジニアとしてのスキルを伸ばそうとするのは難しいでしょう。

コードを実際に入力してそのコードで何をしようとしているのかを理解できます。また、入力を繰り返すことで次第に正確なコードを入力できるようになります。コピペをしてしまうエンジニアは、今後のスキルアップは望めないでしょう。

独学だとわかりやすく教えてくれる人にすぐ聞けない

エンジニアを目指すために独学でプログラミングの学習を始める方は多いでしょう。独学の場合、疑問に思ったことを人にすぐ聞ける環境ではないため挫折しやすい傾向にあります。

疑問に思ったことやわからないことをそのままにしておくと、いずれは理解すらできないという状況になってしまう可能性があります。

ブロックチェーンのプログラミング言語を学べる学校

ブロックチェーンで活用されているプログラミングを学べるスクールを3つ紹介したいと思います。スクールの受講を検討されている方、ぜひ、参考にしてみてください。

オンラインでブロックチェーンのプログラミング言語を学ぶ時代!

スクールで講義を受けるというと実際にスクールに通い、座学で講義を受けるというスタイルが一般的でしたが、現在はオンラインでプログラミング言語を学べます。自分のライフスタイルに合わせたカリキュラムを組め、わからないことはチャットなどを利用してすぐに質問できる環境が整っています。

ブロックチェーン大学校のブロックチェーンコースで学ぶ

ブロックチェーン大学校は最短3ヶ月でブロックチェーン技術の実践的なスキルの習得が可能なブロックチェーン総合スクールです。受講スタイルはWEB受講かWEB+教室受講のどちらかを選択でき、ライフスタイルに合わせた受講スタイルの選択が可能です。

テックアカデミーのブロックチェーンコースで学ぶ

テックアカデミーではブロックチェーン技術全般の知識の他に、イーサリアムの送金技術やマイニング技術をメインに学習できます。

コースは4,8,12週間プランから選択可能です。8,12週間コースは先行申し込みすると受講料が8%オフOFFになる「先割」や、期間限定でお得なキャンペーンが実施されることもありますので、公式サイトでチェックしてしてみて下さいね。

ブロックチェーンコースで開発できるアプリは以下になります。

  • オークションシステム
  • 宝くじシステム
  • 投げ銭ができる掲示板サービス

TECH BOOSTのブロックチェーンコースで学ぶ

TECH BOOSTは業界初ブロックチェーンを体系的に学習できるプログラミングスクールです。現役のエンジニアをメンターとして起用して、マンツーマンで週1のメンタリングや質問など全力でサポートしてくれます。

学習期間は最短3ヶ月です。コースは「ベーシックターム」、「ディベロップターム」、「イノベーティブターム」の3つのコースで編成されています。ブロックチェーンはイノベーティブタームコースで学ぶことになります。

受講スタイルは座学に加え、オンラインでの学習も可能です。

ブロックチェーンのプログラミング言語のまとめ

ブロックチェーン技術はさまざまな分野での応用が可能であり、将来が有望な技術の1つです。ブロックチェーンに使用されるプログラミング言語は独学でも学習が可能ですが、学習に挫折してしまう傾向が高いといえます。

ブロックチェーンエンジニアを目指す方、ブロックチェーン技術についての知識を深めたい方は、ブロックチェーンスクールの受講の検討をおすすめします。      

関連記事

  1. ブロックチェーン

    ブロックチェーンの応用例とそこから見える利点と4つの問題点

    ブロックチェーン技術は世界中で今、注目を集めている技術です。ブロックチ…

  2. ブロックチェーン

    ブロックチェーンの3つデメリットは今後解決すべき問題点

    近年急速な広まりを見せている仮想通貨の背景には様々な高度な技術が関わっ…

  3. ブロックチェーン

    ブロックチェーンの将来性と未来に活用が期待される3つの仕組み

    仮想通貨に利用されているブロックチェーン技術に大きな期待が寄せられてい…

  4. ブロックチェーン

    ブロックチェーンエンジニアを独学で目指す人ができると嬉しい3つの事

    ブロックチェーンは、元々仮想通貨を運用するために基盤となっている技術で…

  5. ブロックチェーン

    ブロックチェーンのノードの4つの役割を初心者にもやさしく解説

    ブロックチェーンの技術を説明する中で、必ず使われるワードに「ノード」が…

  6. ブロックチェーン

    ブロックチェーンエンジニア希望者におすすめのエンジニアスクール3選

    仮想通貨の根幹を支えている技術ブロックチェーンは、メディアでも取り上げ…

最近の記事

アーカイブ

  1. クラウド会計・確定申告

    個人事業主の人間ドックを経費にしたい!安く受診する5つの方法とは
  2. プログラマー

    プログラマーになるには学力や学歴は関係ない?
  3. クラウド会計・確定申告

    65万円の控除を受ける3つの条件と必要な帳簿について
  4. プログラミング学習

    プログラミング言語の注意!選ぶ時の4つのポイントとは?
  5. ブロックチェーン

    ブロックチェーンエンジニアに未経験でチャレンジする4つのメリット
PAGE TOP