ブロックチェーン

ブロックチェーンは仮想通貨だけじゃない!別の分野への3つの使い道

ブロックチェーン技術は仮想通貨だけに利用されている技術ではありません。ブロックチェーン技術の活躍が期待される、仮想通貨以外の分野の3つの使い道を紹介していきたいと思います。ブロックチェーン技術が利用される分野を知ることで、ブロックチェーンに対する見方が変わるかもしれません。

▼ 当サイトのおすすめプログラミングスクール ▼ 

【1位】 GEEK JOB  《20代なら完全無料で未経験から最短22日転職が可能!》
【2位】 TechAcademy 《PC1台で時間も場所も選ばず完全オンラインで学べる!》
【3位】 WebCamp PRO 《未経験・初心者の方でも”転職・就職保証型”プログラミングスクール》

ブロックチェーンと仮想通貨の違いと性質

ブロックチェーンと仮想通貨は切っても切れない関係だと見ている方は多いと思います。最近、ブロックチェーン技術に注目が集まっていますが、仮想通貨とブロックチェーン技術の違いとは何なのでしょうか。

両者の違いとその性質をみていきたいと思います。

ブロックチェーンイコール仮想通貨というわけでは無い!

仮想通貨とは、実在はしていないものの、インターネット上でサービスの対価として支払うことのできる通貨です。法律でもお金と同等の価値をもつものと決められています。

仮想通貨はブロックチェーン技術を用いて作られた通貨ではありますが、仮想通貨=ブロックチェーンではありませんブロックチェーンは仮想通貨の取引を支える技術の一つです。

ブロックチェーンは仮想通貨以外にも活用できるもの

ブロックチェーン技術は仮想通貨が世間で注目を浴びることで知られた技術ですが、仮想通貨が登場する前から存在していた技術です。この技術を応用することで、仮想通貨以外のさまざまな分野での活躍が期待されています。

ブロックチェーン技術のようにデータを分散管理することで、データをより安全に管理し、改ざんや不正が極めて起こりにくい環境を作りだすことが可能です。

また、ネットワークを通じて情報を共有し、また、監視をし合っているため、透明性の高い情報を取り扱うことが可能であり、仕事を行う上で信頼のおける取引を行うことができるようになります。

ブロックチェーンの仮想通貨の種類とそれ以外の3つの使い道

ブロックチェーン技術は仮想通貨の土台となる、大変優れた技術の一つです。ブロックチェーン技術を用いて開発された仮想通貨の種類や、ブロックチェーン技術が用いられている他の3つの使い道を簡単に説明していきたいと思います。

仮想通貨の種類は1500種類以上!日本で売買可能なのは14種

現在、世界中に仮想通貨は存在しているのですが、その種類は何と1,500種類以上にものぼります。まだ、世の中に出てきていない仮想通貨も入れるとその数をきちんと把握することは難しいといえます。

そのうち、日本国内で売買可能な仮想通貨は14種類ほどになります。これからも、新たな仮想通貨が生み出され、日本の取引所で売買可能な仮想通貨は増えていくことでしょう。

使い道1:真贋補償(アポスティーユ)

ブロックチェーン技術は、美術の分野にも応用され、活用されています。高額な美術品の歴代の所有歴や真贋などといった、その作品の価値を決定する重要な情報をブロックチェーン上で管理することで、高い匿名性が保たれ、情報の改ざんを防ぐことができます。

また、高額な美術品を利用して資金などを調達する際にも、ブロックチェーン技術の活用が期待できます。

使い道2:ゲームやコンテンツなどにも使われている

ゲームやコンテンツなどのシステム上にブロックチェーン技術が活用されています。ブロックチェーンを利用することで、安全にデータの管理を行うことが可能であり、また、データの改ざんを行うことは事実上不可能であるため海賊版が出回るといったリスクを減らすことができます。

日本のゲームは世界中で人気が高いため、ゲームやコンテンツにブロックチェーン技術が活用されると、さまざまな管理がしやすくなるといったメリットがあります。

使い道3:将来的には政府機関への転用も期待されている

ブロックチェーン技術を応用し、各自治体や各省庁のシステムへ導入することも期待されています。ブロックチェーンの導入が実現すると、情報を共有することでさまざまなコストを削減することが可能です。

また、データの改ざんや、サイバー攻撃を受けてもシステムがダウンすることはなくなるため、業務が全てストップしてしまうことを防ぐこともできます。各自治体や省庁で、コスト削減を図ることが可能になると、少しずつ市民の生活はより良いものに変わっていくかもしれません。

ブロックチェーンが仮想通貨やそれ以外のものに使われる理由

ブロックチェーン技術は仮想通貨だけではなく、さまざまな分野への活用が期待され、開発が進んでいます。ブロックチェーンのもっている特性がなぜ、このように活用されるのでしょうか。その理由をみていきたいと思います。

製品や商品の品質の管理がしやすくコストを削減できる

ブロックチェーン技術を導入することで、製品や商品の品質の管理を安全に行うことが可能です。データを皆で共有し、管理しているため不正が極めて起こりにくく、データを管理するためのコストの削減を図ることもできます。

データの管理が簡単で誰にでも情報を開示できる

ブロックチェーンは、ネットワークを共有することで情報も共有しています。データを分散管理することで、誰でも簡単にデータを管理することができ、また、誰にでも情報を開示することが可能です。その情報は常に透明性が保たれており、情報としても信頼性の高いものです。

システムがダウンする事が理論上は激減する

ブロックチェーン技術を利用すると、ネットワーク上でデータを分散管理することになります。サーバーがサイバー攻撃を受けたり、システムが故障したりしても、他のサーバーは影響を受けることはなく、システムがダウンしてしまうといったことは激減するでしょう。

従来のような中央集権型の機能ではなく、データを分散管理することで全システムが停止してしまうリスクを回避することが可能です。

アプリと一緒に使う事で便利なシステムを構築できる

ブロックチェーン技術を導入したアプリを使うことで、商品の動きを追跡したり、商品がどこでどのように作られたのかを調べたりできるようになります。情報はチェーンのようにつながっていくため、時系列ごとの情報を追ったり、調べたりすることができ、応用次第では便利なシステムを構築できるようになるでしょう。

ブロックチェーンと仮想通貨の未来

仮想通貨を支えるブロックチェーン技術は今後、どのように発展し、活躍の場を広げていくのでしょうか。企業がブロックチェーン技術を導入することで、期待されるいくつかのメリットを紹介していきたいと思います。

ブロックチェーン技術で企業のコストを大きく削減できる

ブロックチェーン技術を企業の業務に導入することで、大きなコスト削減を期待できます。ブロックチェーンを利用すると、従来よりコストを抑えてシステムを作ることが可能です。そして、業務にブロックチェーン技術が導入されると、業務内容がシンプルになり、さらなるコスト削減を目指すことも可能になるでしょう。

企業が目指す資金の調達がしやすくなる

ブロックチェーン技術を利用した仮想通貨を企業が発行することで、今まで以上に資金の調達がしやすくなります。ブロックチェーン技術は、今後さらなる活躍が期待されており、その技術のもつ価値はより一層高くなります。

その技術を用いた仮想通貨を利用することで、資金はより集まりやすくなるでしょう。

システムを一斉に導入する時間やコストはこれからの課題

企業は自社のシステムを使用して、さまざまな業務に臨んでいます。ブロックチェーン技術を導入することで、業務の効率化やコストの削減を図ることが期待できます。

ですが、システムを一斉に一新するには企業にとっても難しい問題であり、業務を行うスタッフにとっても難しいことだと思います。どのようなタイミングでシステムにブロックチェーンを導入していくのか、また、それにかかるコストに対してどのように対処するべきかは、企業にとってこれからの課題だといえるでしょう。

ブロックチェーンと仮想通貨のまとめ

仮想通貨を支えるブロックチェーン技術が今後、どのように利用されていくのかを簡単に見てきました。ブロックチェーンのもつ技術は、どのような分野にも応用できると期待されています。

ブロックチェーン技術を利用して起業する企業も増えてきており、コストの削減を期待してブロックチェーン技術の導入を検討する企業も増えています。近い将来、ブロックチェーン技術はわたしたちの生活に切り離すことのできない存在になっているかもしれません。

関連記事

  1. ブロックチェーン

    ブロックチェーンのエンジニア不足の3つの理由と育成の必要性

    IT業界のエンジニアの不足が叫ばれている昨今ですが、その中でも最近では…

  2. ブロックチェーン

    ブロックチェーンのスマートコントラクトの仕組みと7つの事例

    ブロックチェーンのスマートコントラクト機能についてご存じでしょうか。ブ…

  3. ブロックチェーン

    ブロックチェーンの本おすすめ!初心者から上級者まで納得の14選!

    インターネット以来の技術革新と言われている、ブロックチェーン。ビットコ…

  4. ブロックチェーン

    ブロックチェーンエンジニアがブログを活用する3つのメリット

    ブロックチェーンエンジニアを目指す人、そして晴れてブロックチェーンエン…

  5. ブロックチェーン

    ブロックチェーンエンジニアの需要の現状とプログラムの3つの学び方

    世界最初の仮想通貨であるビットコインをはじめ、多くの仮想通貨がブロック…

  6. ブロックチェーン

    ブロックチェーンの3つデメリットは今後解決すべき問題点

    近年急速な広まりを見せている仮想通貨の背景には様々な高度な技術が関わっ…

最近の記事

アーカイブ

  1. クラウド会計・確定申告

    フリーランスの賃貸は経費になる!計上する時は3割~4割
  2. ブロックチェーン

    ブロックチェーンエンジニア希望者におすすめのエンジニアスクール3選
  3. クラウド会計・確定申告

    帳簿を手書きする時の5つの注意点と作業を楽にする方法
  4. クラウド会計・確定申告

    個人事業主が節税する時の4つのポイントと青色申告の控除について
  5. Ruby

    【初心者のRuby on Rails】実現できることと理想的な勉強方法
PAGE TOP