ブロックチェーン

ブロックチェーンの将来性と未来に活用が期待される3つの仕組み

仮想通貨に利用されているブロックチェーン技術に大きな期待が寄せられていることはご存じでしょうか。

ブロックチェーンのもつ、3つの特徴が注目されており、これらの技術が活用されることで、将来的にどのような影響を与えることになるのでしょうか。これから解説していきたいと思います。

▼ 当サイトのおすすめプログラミングスクール ▼ 

【1位】 GEEK JOB  《20代なら完全無料で未経験から最短22日転職が可能!》
【2位】 TechAcademy 《PC1台で時間も場所も選ばず完全オンラインで学べる!》
【3位】 WebCamp PRO 《未経験・初心者の方でも”転職・就職保証型”プログラミングスクール》

ブロックチェーンの3つの仕組み

仮想通貨はご存じの方は多いと思いますが、その仮想通貨はブロックチェーン技術を元に作られているのですが、ブロックチェーンという言葉を耳にしたことはありますか?

ブロックチェーンは、技術として大変すぐれており、あらゆる業種への応用が可能なことから注目を浴びている技術です。ブロックチェーンは主に3つの仕組みで構成されていますので、その3つの仕組みを簡単に説明していきたいと思います。

P2Pネットワークをネットワークを活用している

P2Pネットワークとは、Peer to Peerの略称であり、ブロックチェーンシステムに参加しているユーザー同士が取引を監視し合うシステムのことです。

また、各ユーザー同士でネットワークを構築しているため、あるシステムがハッキングなどによって機能が停止してしまっても、他のシステムは無事であるためシステム全体に影響が及ぶことはありません。

ブロックのデータ構造を持っている

ブロックチェーンを構成している各ブロックには複数の取引履歴が記録されています。各ブロックには前の取引データを暗号化したものが含まれているのですが、このデータを暗号化することで簡単にデータの改ざんなどを見つけることができます。

コンセンサスアルゴリズムの分散型台帳

コンセンサスアルゴリズムとは、ブロックチェーンの各ブロックの正当性を確認するための作業のことです。取引が正しく行われたのかどうかを膨大な計算式から導き出し、そのマイニングにより取引の正当性が認められれば報酬を受取ることが可能です。

ブロックチェーンは分散管理システムで成り立っています。各ユーザーでデータを共有しており、1つのシステムが故障しても他のシステムに影響が及ぶことはありません。

ブロックチェーンの将来性と期待される理由と魅力

ブロックチェーンシステムのデータの整合性の高さや、データの改ざんが極めて困難な点などからさまざまな分野での活躍が期待されています。ブロックチェーン技術に期待が寄せられる理由と魅力をみていきたいと思います。

仮想通貨ではなくブロックチェーンの将来性には期待がかかる

仮想通貨に利用されいるブロックチェーン技術に大きな将来性があると見られています。ブロックチェーンに採用されている技術を応用することで、あらゆる分野でさまざまな活躍が期待できるのです。

分散型台帳技術はあらゆる分野で活用が期待されている

分散型台帳技術はあらゆる分野での活躍が期待されています。この技術を用いることでデータの改ざんは極めて難しく、また、全システムがダウンしてしまう心配がないため、あらゆる分野に大きな影響を与えることでしょう。

取引を分散して管理できるので安全性が高い

ブロックチェーン技術では、データを分散して管理するため安全性の高い技術だといえます。管理者がいないため、データの改ざんや紛失、システムの停止などといったリスクから回避できます。

中央管理者が不要で透明性が高く信頼ができる

ブロックチェーン技術は、中央管理者が不要であるP2Pネットワークを採用しているため、情報の透明性が高く、また信頼性も高いといえるでしょう。ユーザー同士で監視し合うスタイルは、情報の価値が上がるネットワークスタイルです。

情報の種類は限られたものではなく無限大である

ブロックチェーン技術を応用することによって、情報は限られたものではなく、無限大に広がります。この技術があらゆる分野で利用されるようになると、その業界そのものを変えていくほどの技術力を備えているのです。

ブロックチェーンの将来性1:不正取引やデータ改ざんができない

ブロックチェーンの将来性が期待できる技術の一つに、不正取引や改ざんができないといったものがあります。この技術は、さまざまな業界にどのように影響を与えるのでしょうか。

簡単に説明していきたいと思います。

すでに行われた取引データを改ざんする事が難しい

ブロックチェーン技術を利用すると、すでに取引されたデータを改ざんすることが極めて難しくなります。ブロックチェーンのP2Pネットワークやコンセンサスアルゴリズムによって、取引データは透明性が高く、信頼性も高いものになるでしょう。

金融取引だけじゃなく全ての取引に応用する事が可能である

ブロックチェーン技術は金融取引業界に有利と考えられていましたが、全ての取引に応用することが可能だといわれています。システムを利用するあらゆる取引に応用することにより、今まで以上に業務効率化を図り、人為的ミスを減らすことが可能になるでしょう。

農作物などの産地偽装や商品の管理が正しく行われる

ブロックチェーン技術を応用すると、産地偽装などの改ざんが起こりにくくなり、適正な商品管理を行うことができます。各ブロックに悪意のあるデータの書き込みを行うことは極めて難しく、消費者も安心して農作物を購入することが可能です。

ブロックチェーンの将来性2:システムのダウンに強い

ブロックチェーン技術のデータの改ざんを行いにくいという特徴の他に、システムのダウンに強いという特徴があります。この技術は、具体的にどのように応用されるのでしょうか。解説をしていきたいと思います。

参加ユーザー全てのパソコンで同じデータを分析管理する

ブロックチェーンシステムは、参加しているユーザー全てのパソコンで同じデータを分析し、管理しています。ユーザー同士でお互いにデータを監視し合っているため、改ざんが極めて難しく、また、データの整合性が保たれやすくなります。

分散化しているため一つダウンしてもデータは守られ運用できる

ブロックチェーンのユーザーは各自のパソコンで同じデータを保有しています。もし、ハッキングの被害に遭ったり、パソコンが故障したりしても他のユーザーが同じデータを保有しているため、データ消失のリスクが極めて低くなります。

金融取引やシステムダウンを嫌う業種全てでの応用が期待できる

ブロックチェーンのシステムダウンに強いという特徴は、顧客情報などを中央のサーバーで一括管理している金融取引やシステムダウンを嫌う全ての業種などのシステムへの応用が期待できます。

システムがダウンしてしまうと、全ての業務がストップしてしまうため、こういったリスクがないこともブロックチェーン技術の大きな強みの一つです。

システムダウンで取引ができなくなる事がほとんど無い

ブロックチェーン技術のように、分散管理システムを採用することでシステムダウンによって業務が全て停止してしまうということはほとんどありません。ブロックチェーン技術を応用することで、システムダウンというリスクを最小限に留めることが可能です。

ブロックチェーンの将来性3:運用コスト改善の仕組み

ブロックチェーン技術の将来性として、運用コストがかからない点が評価されています。ブロックチェーンのこの特徴を活かした運用コストを改善しようとする取組みを簡単に解説していきたいと思います。

参加ユーザー全てが管理するため中央管理を行う場所が必要ない

ブロックチェーン技術の特徴の一つである、P2Pネットワークの参加ユーザーでデータを監視・管理しているため、中央管理を行う場所が必要ありません。サーバーを構える場所や費用が必要ないため、運用コストも必要ありません。

参加ユーザー同士の直接取引を行う事が可能となる

ブロックチェーン技術を活用することで、参加ユーザー同士で直接取引を行うことが可能となります。ブロックチェーン技術を活用した取引は改ざんなどがされにくいため、透明性の高い、信頼のおける取引を行うことが可能です。

中央管理しなくて済むのでコストの大幅な削減が可能となる

P2Pネットワークのように管理者不在のネットワークを活用することで、膨大なデータを中央管理しなくて済むため、コストの大幅な削減が可能になります。多くの業界はデータを中央管理で行っているため、ブロックチェーンの技術を応用することで大幅なコスト削減を図ることができます。

業務内容によってプライベート型とオープン型が選べる

ブロックチェーンは、いくつかの種類があります。業務内容によって、プライベート型オープン型を選ぶことが可能です。

それぞれのタイプにはメリットやデメリットが存在するため、活用する分野が異なってきます。双方のメリットを活かした、業界でのさらなる活躍が期待できるでしょう。

ブロックチェーンの将来性のまとめ

仮想通貨に用いられているブロックチェーン技術の将来性を簡単に解説してきました。ブロックチェーンはオープンソースのシステムであるため、開発が非常にしやすいといったメリットがあります。

ブロックチェーンを応用したシステムを利用する企業は増えつつあります。まだ開発段階の業界もありますので、ブロックチェーンの社会にもたら影響は今度、大きくなるでしょう。    

関連記事

  1. ブロックチェーン

    ブロックチェーンは仮想通貨だけじゃない!別の分野への3つの使い道

    ブロックチェーン技術は仮想通貨だけに利用されている技術ではありません。…

  2. ブロックチェーン

    ブロックチェーンゲームの3つの特徴!メリットと仕組みを解説

    最近、ブロックチェーンを活用したゲームが注目を集め、世界各国でアプリの…

  3. ブロックチェーン

    ブロックチェーンエンジニア勉強法!先輩に学ぶ効率良い方法6選

    近年注目されている新しい技術ブロックチェーンの分野で仕事をしたいという…

  4. ブロックチェーン

    ブロックチェーンとは?1回見れば誰でもわかる説明書

    メディアでも頻繁に耳にする仮想通貨は円やドルなどの法定通貨と同じように…

  5. ブロックチェーン

    ブロックチェーンのノードの4つの役割を初心者にもやさしく解説

    ブロックチェーンの技術を説明する中で、必ず使われるワードに「ノード」が…

  6. ブロックチェーン

    ブロックチェーンエンジニアの需要の現状とプログラムの3つの学び方

    世界最初の仮想通貨であるビットコインをはじめ、多くの仮想通貨がブロック…

最近の記事

アーカイブ

  1. クラウド会計・確定申告

    65万円の控除を受ける3つの条件と必要な帳簿について
  2. クラウド会計・確定申告

    個人事業主が帳簿ソフトを使う3つのメリットとおすすめ3選
  3. プログラミング学習

    プログラミング学習は簡単?難しいと考えてしまう5つの理由
  4. ブロックチェーン

    ブロックチェーンでセミナーに参加する事の5つのメリットと注意点
  5. 仕事・キャリア

    エンジニアのスキルとは?企業が何を求めているのかまとめ
PAGE TOP