Ruby

Ruby on Railsでできることとは?ライブラリと有名サイト6選

Ruby on Railsは、Rubyのためのフレームワークです。Rubyのために開発されたフレームワークで、初心者でも扱いやすく、汎用性も高いため人気があります。

ライブラリも豊富で、開発スピードも速く、仕事の効率化を図るうえでもとても便利なフレームワークです。そのため、多くのサイトで使用されています。

では、Ruby on Railsでできることとは、具体的にどんなことなのでしょうか。Ruby on Railsのライブラリや、使用されているサイトをご紹介します。

▼ 当サイトのおすすめプログラミングスクール ▼ 

【1位】 GEEK JOB  《20代なら完全無料で未経験から最短22日転職が可能!》
【2位】 TechAcademy 《PC1台で時間も場所も選ばず完全オンラインで学べる!》
【3位】 WebCamp PRO 《未経験・初心者の方でも”転職・就職保証型”プログラミングスクール》

Ruby on Railsでできること

Ruby on Railsでできることを、簡単に挙げてみましょう。Ruby on Railsを学ぶと、どんなことができるようになるのでしょうか。

ECサイトが作れる

Ruby on Railsは、Rubyを使って作られた、WEBアプリケーションフレームワークです。Ruby自体は日本人によって開発されましたが、それを使いこなすための必須機能を使いやすく枠組みにしたものが、フレームワークのRuby on Railsです。

 Ruby on Railsでできることの代表としては、ECサイト、つまりショッピングサイトを作る事ができます。ショッピングサイトとは、ただ物を売るだけでなく、決済機能がついたサイトのことです。Rubyだけでも実装できる機能ですが、非常に高度になります。

 しかしRuby on Railsを使用することで、簡単に決済機能が実装できるようになります。実際に活用しているサイトもいろいろあります。

WEBアプリが作れる

WEBに強いRuby on Railsでは、WEBアプリケーションを作る事ができます。実際に、Ruby on Rails自体が、Rubyを使用して作られているWEBアプリケーションです。一般のスマホアプリを作ることに適しているのは、iOSならSwiftという専用プログラミング言語、AndroidアプリではJavaなどになります。

しかしRubyでも特殊なソフトを使う事で、スマホアプリの開発ができるようになります。

SNSサイトが作れる

Ruby on Railsでは、SNSも作る事ができます。SNSを作る場合、ログイン機能やユーザー登録といった機能も実装できます。またデータベースと連携させることも可能です。Facebookなどのログイン機能といった便利な機能も追加できます。

ブログサイトを構築できる

ブログを作成する場合、最近ではWordPressを使う人が多くなっていますが、Ruby on Railsを使って構築することもできます。WordPressや他の老舗ブログサービスを使う人が多いからこそ、逆に自分好みのデザインやセンスで作る事ができ、一歩抜きんでたブログに仕上がります。しかも無料で使用可能です。

Ruby on Railsのライブラリでできることとは?

Ruby on Railsのライブラリには、どんなものがあるのでしょうか。また、それらは具体的にどんなことができるのでしょう。ライブラリは、Ruby on Railsのアプリケーション内にある「Gemファイル」に記述して、インストールすればOKです。

Paperclip

Paperclipは、画像ファイルなどをアップロードさせる機能を実装するためのライブラリです。すでに構築されたブログなどで画像ファイルをアップロードすることはとても簡単ですが、それを自分で構築することは難しい作業のように思えますよね。

でも、ライブラリのPaperclipというGemを使う事で、画像ファイルのアップデートはもちろん、削除や保存なども簡単に設定できるようになります。

kaminari

kaminariは、ページネーションを実装するためのGemです。ページネーションとは、Google検索ページの下に出るような、「ページ割」機能のことです。Googleで検索をすると、数えきれないほどのサイトがピックアップされます。しかし、それをただタテに並べただけだと、非常に重く、見づらくなります。

そこで、検索結果を何ページかに分割し、それぞれのページをめくるようにクリックすることで見ることができるようになる機能です。Google検索のような検索サイトだけでなく、情報サイトでも、まとめ記事などをアップする際はページ割をすることもあるため、便利な機能ですね。

Active Admin

Active Adminは、導入するだけで管理画面が作れるGemです。基本的に導入すれば管理画面が作成されます。もちろん自分の好みに合わせてカスタマイズをすることも可能ですが、初心者でも簡単に設置できる機能です。

Devise

Deviseは、ログイン機能やアカウント機能、FacebookやLINE、Twitterといったアカウントの認証機能を付け加えたりできます。よく見るメールアドレスとパスワードを組み合わせたサインアップ機能も、DeviseGemを使えば実装できますよ。

Ruby on Railsでできないことってある?

ここまでRuby on Railsができることについて調べてきました。ライブラリを活用することで、実にさまざまな機能を実装することができますね。WEBサイトを充実させるためには、とても役立つフレームワークと言えます。では逆に、Ruby on Railsが苦手とすることは、どんなことなのでしょうか。

機械学習は苦手!

コンピュータの世界では、現在人工知能が注目されています。人工知能は最近になって研究が始まったものではなく、実はもう70年近くもの間、研究され続けています。その中で、大きな転換期を迎えたのが1980年代のことです。このころ、【機械学習】という機能が搭載されるようになったのです。

それまでは、機械に人間がひとつひとつ知識を与えていました。機械が複雑化するほど、アルゴリズムが変容するほど、その手間は大きな負担となっていきます。しかし機械学習という機能は、機械が自ら判断して、学習するという機能なのです。そのため、人間のように自分で学ぶことが可能になってきました。

最初はルールを与えれば判断して学ぶといった形でしたが、2000年代に入るとさらに発展を遂げ、深層学習と言って機会が何を学習するか判断するようになってきたのです。【深層学習】(ディープラーニング)は、機械学習をより深く、人間の知能に近いものへと昇華させ、さらに人間による手間を省くことにつながっています。

しかし、Ruby on Railsはこうした機械学習についてオススメではありません。ライブラリにPyCallというGemがあるのですが、実用性が低くあまり使われていません。ITの世界では、使う人が多いほど開発が進み、使い勝手もよくなっていくため、使われていないということは、あまり使い勝手は良くないと言えるでしょう。

ネイティブアプリを作る事が苦手

ネイティブアプリを作成することも、得意ではありません。ネイティブアプリとは、プラットフォーム上で直接作動することができるアプリです。WEBアプリはブラウザの中で動作しているため、ネイティブアプリではありません。WEBアプリに強いRuby on Railsも、ネイティブアプリを苦手としています。

Ruby on Railsを使った有名サイト6選

それでは、実際にRuby on Railsを使って作られた、超有名サイトを6種類ご紹介します。こんなものまで作れるの?と驚くのではないでしょうか。

代表的なのが『cookpad』

公式サイト:cookpad

多くの日本人に愛され、よく使用されているのがCOOKPADです。テレビやレシピ本でもにぎやかに紹介されていますね。おうちにある食材を入力してささっと作れるメニューを検索できるCOOKPADは、Ruby on Railsで作られていたのです。

意外や意外!『CrowdWorks』

公式サイト:CrowdWorks

Rubyなどプログラミング言語のエンジニアを空いた時間にやっている人や、家庭内でライターなどの仕事をしている人のための仕事マッチングサイト「CroudWorks」も、Ruby on Railsで作られています。この技術を開発することで、仕事内容が変化してきても柔軟に対応できるようなサイトに仕上がっています。

会計ソフトの『freee』

公式サイト:freee

経理の手間が5割も減ると話題になっている、会計ソフトfreeeも、Ruby on Railsによって構築されています。スピード感あふれるサイトで、個人事業主やフリーランスの人々には、確定申告のときになくてはならない存在になっています。

動画サイト『Hulu』

公式サイト:Hulu

定額を支払えばいつでも好きなドラマや映画、人気のアニメなどがみられる定額制見放題里です。ここにも低額をRuby on Railsは使用されています。

プログラミング学習サイト『Progate』

公式サイト:Progate

初心者に向けたプログラミング学習で人気をあつめている、プログラミング学習Progateにも活用されています。

みんなが知ってる!『食べログ』

公式サイト:食べログ

多くの人がレストラン探しに一度は使ったことがある食べログも、実はRuby on Railsで作られていました。

【まとめ】Ruby on Railsができる幅は広い

Ruby on Railsは、できることの間口が広く、誰でもしたことのあるサイト構築にすでに使われています。みなさんも、自分のオリジナリティあふれるサイト構築などにチャレンジしてみませんか。

関連記事

  1. Ruby

    Ruby on Railsは独学で習得可能?コツと4つの注意点

    Ruby on Railsは独学で習得できるのでしょうか。実は多くの人…

  2. Ruby

    【初心者のRuby on Rails】実現できることと理想的な勉強方法

    プログラミングをこれから勉強したい、使いこなせるようになって、いずれは…

  3. Ruby

    Ruby on Railsの学習に最適な動画サイト5選!効率的に学ぶスクールの選び方

    Ruby on Railsが注目を集め、新たに勉強したいという人が増え…

  4. Ruby

    Ruby on Railsの使い方!おすすめ参考サイト4選とIDE5選

    Ruby on Railsは、意外と簡単に学ぶ事ができます。Ruby …

  5. Ruby

    初心者でも出来る!Ruby on Railsの開発環境を整える3つの手順

    Ruby on Railsを学び始めたばかり、もしくはこれから学ぼうと…

  6. Ruby

    Ruby on Railsが難しいと感じる5つの理由と現実的な克服法

    Ruby on Railsは、人気の高いプログラミング言語、Rubyの…

最近の記事

アーカイブ

  1. クラウド会計・確定申告

    個人事業主の弁当代を経費にする時の5つの注意点
  2. クラウド会計・確定申告

    フリーランスの開業届の3つのメリットと開業届の書き方まとめ
  3. Ruby

    Ruby on Railsが難しいと感じる5つの理由と現実的な克服法
  4. クラウド会計・確定申告

    フリーランスの節税で使える5つの控除とは?その内訳を紹介!
  5. プログラマー

    プログラマーの将来性とメリット・デメリットについて
PAGE TOP