プログラミングの基礎知識

フロントエンドエンジニアに必要なスキルとは?取得が必要な4つの言語を紹介

フロントエンジニアを目指す場合、知っておいた方がいい基礎的なスキルやプログラミング言語があります。基礎が身についていなければ、フロントエンジニアとして長期間活躍をするのは難しいです。フロントエンジニアに求められているスキルは、プログラミング言語だけではなく様々なスキルがあります。フロントエンジニアとして働くために、必要な知識やスキルをご紹介していきます。

▼ 当サイトのおすすめプログラミングスクール ▼ 

【1位】 GEEK JOB  《20代なら完全無料で未経験から最短22日転職が可能!》
【2位】 TechAcademy 《PC1台で時間も場所も選ばず完全オンラインで学べる!》
【3位】 WebCamp PRO 《未経験・初心者の方でも”転職・就職保証型”プログラミングスクール》

フロントエンドエンジニアに必要なスキルはコレだ!

IT業界は新しい技術が出てくるスピードが、特に早い業界です。フロントエンジニアとして活躍していくために、必要なスキルについてご紹介していきます。

Webサイトの制作に必要な最低限のマークアップ言語

Webサイト制作に必要な、基礎知識としてHTMLとCSSがフロントエンジニアには求められます。フロントエンジニアを目指したとき、まず初めに身につけたいスキルです。HTMLは、Webサイトの要素や構成を記述するための言語です。パソコン向けのWebサイトや、スマートフォン向けのWebサイトによって、デザインは違いますが基礎的な部分は同じです。

CSSはWebサイトの、文字サイズや色など見た目に関わる部分を装飾します。Webサイトのターゲットや、世界観に合わせてデザインをすることも重要です。フロントエンジニアになるために、HTMLやCSSのスキルを身につけることが第一歩となります。

Webサイトに動きを付けるプログラミング言語

ユーザの操作に合わせて表示を変更したり、ユーザビリティの高いWebサイトを作れるフロントエンジニアが求められています。Webサイトに動きを出すためには、JavaScriptを使っています。

普段意識していなくても、多くのWebサイトではJavaScriptが使われています。有名なWebサービスや、Webサイトのソースコード見たり実際に自分で作ることで、仕組みやスキルを早く理解することができます。

正確なコーディング技術

フロントエンジニアには、プログラミングに関する知識やスキルも重要ですが、コーディングをミスなくできるも必要です。修正が少ないコードを書くためには慣れが、必要になってきます。

フロントエンジニアになるためには、参考書で独学で勉強をしていく方法や、プログラミングスクールで勉強をしていく方法などがあります。自分に合った勉強方法で学習を続けていくことで、スキルを身につけていくことができます。

ユーザー目線に立った目線での開発能力

実際に使うユーザのことを考えることは、フロントエンジニアだけではなくWebサイトを開発する人全てに必要なスキルです。どんな人が使うのかを考え、ユーザがストレスなく使えるものを考えて形にするのがフロントエンジニアです。

フロントエンドエンジニアのスキルと年収の関係

フロントエンジニアとして働くことを考えると、どの程度の年収になるのかは気になるポイントです。扱える言語やスキルによって、フロントエンジニアの年収には違いが出てきます。

平均的な年収以上に稼ぐには技術と経験が必要

フロントエンジニアの平均年収は、約385万円程度です。様々なスキルを持っていると、平均年収以上を手にすることも可能です。

フロントエンジニアとして仕事を長く続けていくためには、新しく出た技術を身につける柔軟性や応用力も必要です。努力が必要ですが、フロントエンジニアでも平均年収以上を稼ぐことは不可能ではありません。

スキルによっては1000万円も夢じゃない

フロントエンジニアの中では、1,000万円以上の年収を稼ぐ方もいます。プログラミングに関するスキル以外も身につけていれば、年収も高くなっていきます。フロントエンジニアとして、必要とされるスキルを得るための勉強が苦でない方は高収入を得ることもできます。

CMSを自由自在に操れる事ができれば年収は上がる!

CMSは、コンテンツ・マネジメント・システムの頭文字を取った単語です。CMSを使うと、Webサイトのコンテンツを簡単に構築・管理・更新をすることができます。

Webサイトの開発や更新に関するコストを下げることができるため、企業でCMSを導入している事例も増えています。CMSの機能や操作を身につけられると、フロントエンジニアとして仕事の幅も広がり年収も上がっていきます。

フロントエンドエンジニアが学ぶべき4つの基本的な言語

フロントエンジニアを目指す方が、身につけておきたい言語はいくつかあります。どんな言語がフロントエンジニアに必要なのかを、ご紹介していきます。

基本中の基本のHTML

Webサイトの開発には、HTMLの知識が不可欠です。HTMLは、Webサイトを構成する骨組みであり、どんな案件でも必須のスキルになります。現在は、参考書や通信学習など様々な方法で学習ができます。Webブラウザでソースコードを表示して、自分で読み解いたり、実際にWebサイトを作成することで早く身につけることができます。

記事やサイトの装飾に必要なCSS

CSSは、HTMLで作成したWebサイトの装飾を行います。レイアウトやカラーを決めたり、文字の大きさなどを指定します。CSSで指定すると、デザインの変更も簡単にできるメリットがあります。

色や大きさなど、ユーザに大きな印象を与えるものです。Webサイトのコンセプトに合わせた装飾をするためには、CSSの学習も必要になってきます。

サイトに動きを付けるJavaScript

Webサイトに動的な要素を付け加えるためには、JavaScriptを使う場面が非常に多いです。入力した文字のチェックや、操作に合わせた動きなど、ユーザの利便性を高めるために使われています。

Webブラウザとテキストエディタがあれば、どんな環境でも使うことができるため開発環境の準備は簡単に用意できます。初心者でも開発や動作確認が、他の言語でも簡単にできるのがJavaScriptのメリットです。

PHPもできた方が需要が高い

JavaScriptは、Webブラウザ上で動作をしますが、PHPはサーバー上で動作をするプログラミング言語です。データベースへの登録や、データの呼び出しなどもPHPで行うことができます。PHPはWebサイトの機能を充実させつために、必要なスキルです。HTML、CSS、JavaScriptを身につけることができたら、ステップアップとしてPHPの学習を進めていくのがおすすめです。

PHPは使われる現場が多いため、フロントエンジニアとして受ける案件を増やすためには身につけておいた方が選択肢を増やすことができます。

フロントエンドエンジニアの今後の需要

フロントエンジニアは、今後のIT業界でどのような立場になり、業界内での需要は増えていくのかを知っておくと安心に繋がります。フロントエンジニアの需要や、どんなスキルを持ったフロントエンジニアが求められているのかをご紹介していきます。

個人でサイトを持つ人が増加するので需要は高い

現在は企業だけではなく、個人でWebサイトを開設するのも珍しくはありません。全ての人がWebサイト作成の知識があるとは限らないため、Webサイトの開発を依頼する方もいます。個人サイトを持ちたいという方の希望を叶えるためには、フロントエンジニアのスキルが必要となる場合があります。

企業サイトの構築や更新作業が増えるので需要がある

多くの企業は自社のWebサイトで、情報発信をすることが近年では普通となってきました。SNSが発達してきたとはいえ、文字数制限のある場で多くの情報を伝えることは難しいです。

Webサイトでは、文字や画像だけではなく動画や音声などを組み合わせて、ユーザに情報を届けることができます。会社のイメージに沿ったWebサイトを作るには、フロントエンジニアがユーザの視点を持っていることも重要です。情報をより魅力的に見せるには、フロントエンジニアの腕の見せ所になります。

Webサイトには新しい情報を追加する場合、更新作業が必要になります。更新の作業を、フロントエンジニアが請け負うこともあります。Webサイトを企業が持っている限り、フロントエンジニアには仕事があるといえます。

常に最新のデザインや更新があるので仕事が絶える事は無い

近頃はフラットに見せるデザインや、シンプルで使い勝手のいいデザインのWebサイトが人気があります。IT業界の技術進歩が早いように、流行のデザインも次々に変わっていきます。フロントエンジニアは、新しいスキルを身につけるだけではなく、どんなデザインが流行っているのかをキャッチするアンテナを張っておくことが必要です。

【まとめ】フロントエンドエンジニアは常に上のスキルを狙おう!

フロントエンジニアは基礎的なスキルだけではなく、より高度なスキルを身につけることが、長く活躍するためには必要になります。初心者向けの教材で学習をし、実際に自分でWebサイトを作って身についたスキルを試していくことが重要です。

プログラミングのスキルだけではなく、UI/UX設計の知識やCMSに関する知識も持っていると需要が増えます。仕事の選択肢も増えるため、基礎知識だけでなく様々な知識やスキルを身につけることがおすすめです。

関連記事

  1. プログラミング学習

    20代未経験でプログラミング学習!デビューは早い方が良い3つの理由

    20代未経験でプログラミングを学習し、エンジニアやプログラマーとして就…

  2. プログラミングの基礎知識

    インフラエンジニアとは?仕事の内容と必要なスキルまとめ

    ITサービスが目覚ましい発展を遂げる中で、インフラエンジニアは人気の高…

  3. プログラミング学習

    プログラミングスキルを測定してみよう!お勧めのスキルチェックサイト5選

    プログラミングを習得したけれど、実際のところどれくらいまで使いこなせる…

  4. プログラミング学習

    プログラミング言語の注意!選ぶ時の4つのポイントとは?

    これからプログラミング言語を学ぼうと思っている方、「どのプログラミング…

  5. プログラミング学習

    プログラミングを独学で効率よく学ぶ勉強方法とは

    プログラミングってどうやって勉強すればいいのか疑問に思いますよね。初心…

  6. プログラミング学習

    プログラミングをアプリで学ぶ!おすすめはコレ!

    プログラミングを学ぶにはスクールに通う必要があると考えている人が多いの…

最近の記事

アーカイブ

  1. プログラミング学習

    プログラミングの目標設定はシンプルが1番!挫折しない為の秘訣
  2. クラウド会計・確定申告

    個人事業主は源泉徴収しないでもいい3つのケースと税率
  3. クラウド会計・確定申告

    フリーランスの賃貸は経費になる!計上する時は3割~4割
  4. 健康診断・人間ドック

    フリーランスが扶養になるための4つの項目!見落としがちな点に注目
  5. クラウド会計・確定申告

    確定申告の流れをしっかり覚える!4つの必要書類を簡単に解説
PAGE TOP