クラウド会計・確定申告

個人事業主の受取利息の記帳方法と事業用口座を開設すべき3つの理由

個人事業主として事業を始める時、税金関係や財務管理で分からないこと、知らなかった単語などがたくさん出てきますよね。「受取利息」もよく分からないもののひとつではないでしょうか。そんな受取利息の記帳方法と、事業用口座を別個に開設した方がよい3つの理由についてご説明していきます。

▼ 当サイトのおすすめプログラミングスクール ▼ 

【1位】 GEEK JOB  《20代なら完全無料で未経験から最短22日転職が可能!》
【2位】 TechAcademy 《PC1台で時間も場所も選ばず完全オンラインで学べる!》
【3位】 WebCamp PRO 《未経験・初心者の方でも”転職・就職保証型”プログラミングスクール》

個人事業主は事業用口座を作った方が良い3つの理由

個人事業主は、事業用口座を作った方が良いと一般的に言われています。通帳が何通にもなると面倒に思えますが、なぜ事業用口座を開設すべきなのでしょうか。その3つの理由についてご紹介します。

事業と分けた方が申告を行う時にわかりやすい

「これまでサラリーマンだったので給与が振り込まれる口座と生活費の口座が同じ」という方も少なくないと思います。また事業を始める前は自分名義の口座なんて1本しか持っていなかったという方もいるでしょう。

通帳は何本かあるけれど、いろいろな引き落としがバラバラになっていて大変という方もいますよね。実は事業をスタートする時は、事前に通帳をある程度整理しておいた方が良いのです。

個人事業主として青色申告をする場合など、経費として認められるものがけっこうたくさんあります。その際、電気代はあっちの通帳、通信費はこっちの通帳とバラバラになっていたり、生活費と事業関連が一緒くたになっていたりすると、申告の際ごちゃごちゃになって大変です。

事業に関する口座はまとめておくことで、申告の際にチェックしなければならない通帳が限られるため、手間がかかりません。この機会に生活に関する通帳も整理し、うっかり引き落としができなかった、ということがないようにしておきたいですね。

事業の収支が一目瞭然になる

事業の専用口座を用意することで、事業の収支だけが記帳されるようになるため、収支が一目瞭然になります。生活費など事業に関係ないお金のやり取りが混入していると、収支が一目でわからなくなってしまいます。

ネットバンクだと会計ソフトと連動できる

利用している銀行がネットバンクだと、会計ソフトと連動させることができ、より簡単に使えるようになります。ネットバンクは振り込み料が安かったり、預金額に応じて月間の無料振り込み回数が決まっていたりします。その点も節約になりますね。

またネットバンクは最近多くがスマホアプリからもアクセスできるようになっており、急ぎの時にもスマホで振り込み依頼をしたりできるようになっています。銀行の店舗は3時までに手続きを済ませなければいけませんが、ネットバンクならいつでも家で操作できる点も魅力です。

事業用口座への受取利息と源泉徴収

事業用口座への受取利息と源泉徴収について詳しく見ていきましょう。受取利息は、源泉徴収されている収入にあたります。

利息は源泉徴収されている金額である

銀行口座に入っているお金に生じる利息は、源泉徴収されているお金です。こういったお金は利子所得と呼ばれており、あらかじめ税金が差し引かれたうえで振り込まれています

源泉徴収とは、こういったあらかじめ税金を差し引く処理のことです。銀行の預金利息が振り込まれると「このお金の課税はどうなっているんだろう」と不安になるかもしれませんが、税金はすでに引かれているのです。

個人事業主の場合は、受取利息を受け取った状態で、すでに20.315%を差し引かれています。

受取利息は分離課税なので所得税には含まれない

受取利息は、分離課税になります。分離課税とは、ほかの所得とは分けて、別々に税額を計算する課税です。預金利息からあらかじめ税金を引いて振り込まれるため、他の所得とは税率が異なります。また、分離課税は所得税には含まれません。

受取利息の帳簿づけをする時の科目について

受取利息の帳簿づけをする時の科目について、詳しく見てみましょう。受取利息はどのようにして処理すれば良いのでしょうか。

帳簿には事業主借として処理する

個人事業主の場合、受取利息は事業主借として仕訳します。事業主借は、個人事業の会計に勘定科目で、事業主借と事業主貸があります。

事業に関するお金を事業主個人に借りる場合は、事業主借にあたり、逆に事業主個人に事業のお金を貸す場合は、事業主貸となります。そのうち、受取利息は事業主借となるわけです。

個人事業主の受取利息を帳簿づけする時の注意点

個人事業主の受取利息を帳簿づけする時には、注意をしなければならない点があります。受取利息の帳簿づけについて気を付けるべきポイントを見ていきましょう。

複式簿記で帳簿づけする場合の記帳方法

個人事業主が青色申告で65万円の控除を受ける場合は、複式簿記で帳簿を記帳しなければなりません。

複式簿記で帳簿付けをする場合は、借方に普通預金○○(金額)と記入し、貸方に事業主借○○(金額)と同じ金額を記入します。そして摘要は銀行利息、もしくは預金利息となります。

事業用口座が複数ある場合は、銀行名を明記したうえで「利息」と記入するようにしましょう。ただし、複式簿記は簿記や経理の知識が無い人が自力で付けることがかなり大変な帳簿です。

個人事業主として独りで管理しなければならないという場合は、会計ソフトなどを活用することで、経理も簡単に処理できるようになりますし、確定申告も楽になり、経理・会計費用の節約にもつながります。

税引き前利息と税が別に記入されている場合

銀行によっては、税引き前の利息がいったん入金され、同時に国税・地方税が差し引かれて出金されている場合があります。通帳には、国税が15.315%、地方税として5%が出金されていることが記帳されます。

そういった場合は、複式簿記に記入する際、借方に普通預金○○と金額を記入します。貸方には事業主借○○と同じ金額を記入します。摘要には銀行利息(税引き前)と記入します。

さらに国税を記入します。借方には事業主貸△△、貸方には普通預金△△として同じ金額を記入します。摘要は銀行利息に関する国税とします。

地方税は、借方に事業主貸◇と記入します。貸方には普通預金◇と同じ金額を記入します。摘要は銀行利息に関する地方税となります。

税引き前利息と税金の出金が双方記入されている場合は、帳簿に記入する際も少々面倒になりますが、理屈が分かれば複雑ではありませんよね。

業務を楽にする会計ソフトを導入する理由

といっても、年間に行われる取引の数を考えると、いちいち手書きで帳簿を付けることは気が遠くなる仕事ですよね。時間も労力もかかります。そのため、業務をぐんと楽にしてくれる会計ソフトを導入する個人事業主が増えているのです。

ネットバンクの場合自動的にソフトに記載されるから

個人事業主は、申告はちょっと面倒でも控除金額が大きく節税になる青色申告よりも、申告が楽な白色申告で諦めてしまうことが、これまでは少なくありませんでした。

しかし会計ソフトを導入することで、確定申告も毎日の帳簿付けも驚くほど楽になります。しかもネットバンクを活用している場合、自動的に取引金額がソフトに記載されるため、いちいち数値を打ち込む必要もなくなるのです。

申告する際に収支が合わないミスがなくなるから

紙に手書きをしていくと、どうしても収支が合わなくなるミスが出て「もう嫌!」となることってありますよね。人間はミスするものですから、仕方がありませんよね。でもソフトで収支が生じた段階で記載されていけば、収支が合わなくなるミスがそもそも起こらなくなります。通帳を事業専用の口座にしておけば、より簡単で明瞭です。

【まとめ】個人事業主は受取利息を忘れないで記帳する事

個人事業主は、通帳を整理し事業専用の口座を開設することがオススメです。その上で会計ソフトやネットバンクなどを活用し、受取利息を忘れずに記帳しましょう。会計ソフトとネットバンクを連動させることで、毎日の帳簿付けも確定申告も非常に楽になります。

関連記事

  1. クラウド会計・確定申告

    フリーランスの個人事業税とは?税率を決定する3つのタイプ

    フリーランスになると様々な税金の処理を自分でやる必要が出てきます。その…

  2. クラウド会計・確定申告

    確定申告書AとBの3つの違いと申告書の入手方法

    「確定申告書A・Bの違い」について疑問に思ったことはありませんか? 個…

  3. クラウド会計・確定申告

    個人事業主は源泉徴収しないでもいい3つのケースと税率

    個人事業主は源泉徴収する必要はあるのでしょうか。事業を個人で始めようと…

  4. クラウド会計・確定申告

    確定申告!副収入と考えられる4つの収入と税率計算について

    本業の先行きが不透明な方にとって、副収入を得るということは大きな魅力で…

  5. クラウド会計・確定申告

    個人事業主が雇用保険に加入するための2つの手続き方法と加入条件

    個人事業主の中には、自分も雇用保険に加入できるのかと疑問を抱いている方…

  6. クラウド会計・確定申告

    フリーランスの確定申告:源泉徴収しない3つの理由と計算法

    フリーランスで仕事をしている人の中には源泉徴収している人としていない人…

最近の記事

アーカイブ

  1. クラウド会計・確定申告

    フリーランスの確定申告できるソフトなら初期費用無料のこの3つ!
  2. クラウド会計・確定申告

    個人事業主の電気代は3つの職場で違ってくる!その算出法とは
  3. システムエンジニア

    フロントエンドエンジニアに必要な勉強法はコレだ!3つの方法について解説
  4. クラウド会計・確定申告

    個人事業主の社会保険4つと加入条件と負担額の割合について
  5. クラウド会計・確定申告

    確定申告は後からできる?2つの方法とペナルティについて
PAGE TOP