クラウド会計・確定申告

確定申告書A・Bの書き方と申告が必要な5つの例

確定申告には青色申告と白色申告という違いのほかにも、確定申告書Aと確定申告書Bという違いがあります。それぞれの書き方の違いと、申告がひつようになるケース5例についてまとめてみました。

▼ 当サイトのおすすめプログラミングスクール ▼ 

【1位】 GEEK JOB  《20代なら完全無料で未経験から最短22日転職が可能!》
【2位】 TechAcademy 《PC1台で時間も場所も選ばず完全オンラインで学べる!》
【3位】 WebCamp PRO 《未経験・初心者の方でも”転職・就職保証型”プログラミングスクール》

確定申告の種類と申告が必要な5つの例

確定申告書には種類があり、主にAとBとに分けられています。いずれも国税庁のサイトからダウンロードすることができます。

国税庁

しかし申告書と名のついているものだけでもいくつかあるので、初めてという方は戸惑いますよね。何にどれが必要なのかをチェックしてみましょう。

確定申告はAとBの二種類ある

確定申告の申告書には、確定申告書Aと確定申告書Bという2つの種類があります。それぞれ使用できる人のタイプが異なります。内容も違うので、間違えないように事前に必ず調べておきたいですね。

個人事業主

個人事業主が使用するのは確定申告書Bの方です。確定申告書Bの特徴は、誰でも所得の種類に関係なく使用できる書類という点です。項目がより多くあるのが確定申告書Bですが、その分広い分野がカバーできます。個人事業主は、青色申告でも白色申告でも確定申告書Bを使用しましょう。

年収が2000万円を超える人

確定申告書Aは主に給与所得が財源のサラリーマンか、パート・アルバイトの方に限られます。そのため、年収が2000万円を超えていても、サラリーマンであれば確定申告書Aを使用することが可能です。

しかしその他の収入があって年収が2000万円を超えている場合は、確定申告書Bを使用しなければなりません。さらにサラリーマンは普通確定申告の必要がありませんが、年収2000万を超える場合は確定申告をしなければなりません。

公的年金などの収入が400万円を超える人

公的年金などの収入が400万円を超えていて、さらにさまざまな控除を受ける必要がある場合は確定申告の対象になります。さまざまな収入源がある場合もあるので、確定申告書Bを使用しましょう。

源泉徴収がされない退職金を受け取った方

源泉徴収がされない退職金を受け取った方退職金を受け取った方は、確定申告書Bを使用します。確定申告書Bとともに確定申告書第三表を提出する必要が生じます。

雑所得が年20万円を超えている人

雑所得とは、非営業用貸金の利子や作家以外の原稿料、印税、講演料や放送謝礼金といった収入になります。また公的年金も雑所得になります。これらの収入が20万円を超えた場合は確定申告の対象になります。雑所得の申告の場合は確定申告書Aになります。

確定申告書Aの第一表と第二表の書き方

それでは確定申告書Aの第一表と第二表の書き方についてご紹介します。間違えないようにチェックしていきましょう。

確定申告書の記載例|国税庁

A第一表 収入金額等の書き方

確定申告書Aの第一表には、収入金額等を記入する欄があります。まずは源泉徴収票を見て、支払金額を記入しましょう。収入金額等 給与(ア)という欄に記入することになっています。つまり、まずは源泉徴収票を準備しなければならないということですね。

A第一表 所得金額の書き方

源泉徴収票をみながら給与を移入したら、給与(1)欄にそのまま金額を書き写します。もしも他の所得がある場合は、別の欄(2)以降に記入し、合計金額の欄に合計金額を記入してください。

A第一表 各種控除金額の書き方

各種控除金額は所得から差し引かれる金額を記入します。(6)~(15)までの欄に控除額をそれぞれ計算して記入します。(16)の欄は、その合計になります。

控除されるのは社会保険料や生命保険料、地震保険料、医療費、寄付金(ふるさと納税)、住宅ローン控除などになります。そのほか基礎控除もあります。

A第一表 税金の計算の書き方

右側にある税金の計算という欄に書き込みます。(21)の課税される所得金額という欄で計算します。(5)の所得金額から、(20)の所得から差し引かれる金額合計をひいた金額を、(21)に入れます。さらに税額を計算して(22)の欄に書き込むのです。計算方法は国税庁のサイトを参考にしましょう。

税金の計算をする|国税庁

A第一表 その他の項目について

第一表には、住所氏名、生年月日などの記入欄もあります。これらを忘れてはいけません。必ず記入漏れがないかどうかをチェックしてくださいね。

A第二表の書き方

第二票には住民税の計算に必要な情報を書き込むようになっています。第一表と同じように、源泉徴収票から書き写していけば分かるようになっています。

確定申告書Bの第一表と第二表の書き方

それでは確定申告書Bの第一表と第二表の書き方に移ります。こちらも源泉徴収票を参考に書いていくものなので、源泉徴収票を手元に用意してください。

B第一表 収入金額等の書き方

第一表の収入金額等は、源泉徴収票を見て書き込みます。源泉徴収票の支払金額が、収入金額等に当てはまります。こちらを記入し、他にも副業などの収入があった場合は、随時下にある所得欄に記入していきます。

B第一表 所得金額の書き方

所得金額は、「所得金額 給与(9)」に記入します。他に所得が無い場合は、収入金額等に記載した金額を転記します。他に所得がある場合は随時上の欄に記入し、合計金額を記入してください。

B第一表 所得から差し引かれる金額の書き方

所得から差し引かれる金額は、合計(25)の欄に書き込みます。控除額は(10)から(24)までになります。社会保険料や生命保険料、医療費、寄付金控除などになります。控除額が無い場合はそのままの金額を、所得から差し引かれる金額がある場合はそれぞれの欄に書き込み、合計額が(25)になります。

B一表 税金の計算の書き方

税金の計算は、(27)の欄、もしくは第三表の(86)で計算します。(9)の所得から差し引かれる金額合計を引いた金額を、(26)の欄に入れます。さらに税額を計算して(27)の欄に書き込みます。計算方法は国税庁のサイトを参考にしましょう。

税金の計算をする|国税庁

最終的に収める税額は、(47)(48)の欄になるので、こちらで計算されるものを転記してください。

B第一表 その他の項目について

第一表には、住所氏名なども記入するほか、マイナンバーも記入しなければなりません。記入漏れがあると自宅にマイナンバーカードを取りに行ったりしなければならなくなるため、しっかりチェックしましょう。

B第二表の書き方

第二表も源泉徴収票から記入していきます。源泉徴収票の支払金額は所得の内訳の収入金額に、源泉徴収税額は所得の内訳の所得税及び復興特別所得税の源泉徴収税額に記入するようになっています。字面が面倒に見えますが、一度コツをつかめば簡単に埋められますよ。

確定申告書を提出する時に必要なもの

確定申告書を提出する時に必要なものを、事前にチェックしておきましょう。あらかじめ用意してから準備をスタートすれば、もたついたり戸惑ったりすることも少なくなります。

所得を証明する源泉徴収票など

所得を証明するための源泉徴収票などは、確定申告書を記入する際必ず必要になる書類です。年末などにもらいますが、小さめの書類なのでなくしてしまうことがないよう、確実に保管しておきましょう。

控除の対象となる各種証明書

控除の対象となる、保険料の支払い証明書など、各種証明書も年末にかけて続々と届きます。また医療費控除の対象になる、医療費の明細書なども普段からきちんと場所を決め、保管しておきましょう。財布の中に入れっぱなしにしておくと、いざというときに分からなくなってしまいます。

オンラインで確定申告を受けるならマイナンバーカード

オンラインで国税庁のサイトにe-Tax申請をして確定申告を受けるなら、マイナンバーカードが必要になります。申し込んでもすぐにできてくるわけではないので、1月までには必ず申請を終えておきましょう。

ICカードリーダー

マイナンバーカードを活用してオンライン確定申告をする場合は、ICカードリーダーも必要になります。今はマイナンバーを読み込める機能がついているスマートフォンもありますが、そうではない場合はPCの周辺機器として購入しましょう。2千円前後から手に入ります。

確定申告書の書き方のまとめ

確定申告書はAとBとありますが、どちらも基本的な書類は源泉徴収票と各種控除に関わる保険などの保険料支払い明細などです。これらの書類をそろえて置き、マイナンバーカードなども早めに申し込んでおきましょう。

関連記事

  1. クラウド会計・確定申告

    個人事業主の扶養控除の7つの対象や控除額の決まりについて

    「個人事業主でも扶養控除に入れるの?」「扶養に入ってって言われたけど、…

  2. クラウド会計・確定申告

    個人事業主の個人事業税の詳細と5つの支払い方法について

    個人事業税は、すべての個人事業主が納める税金ではありません。計算方法や…

  3. クラウド会計・確定申告

    確定申告は初めてでも簡単!青色申告と白色申告の方法と4つの違い

    初めての確定申告を簡単にするために、おさえておきたい重要項目があります…

  4. クラウド会計・確定申告

    フリーランスの開業届の3つのメリットと開業届の書き方まとめ

    フリーランスで仕事を始める時、「これだけは絶対に必要な届け出」というも…

  5. クラウド会計・確定申告

    Macで確定申告をするのが難しい4つの理由と基本的なやり方

    確定申告を行うには、最寄りの税務署で行う方法とe-Taxで行う方法の2…

  6. クラウド会計・確定申告

    個人事業主のレシート活用法と保存する3つの手順

    確定申告をする個人事業主にとって、「経費」の計上は常に意識せざるを得な…

最近の記事

アーカイブ

  1. クラウド会計・確定申告

    個人事業主に税務調査がくる10の理由と追徴加算税について
  2. クラウド会計・確定申告

    確定申告書AとBの3つの違いと申告書の入手方法
  3. Ruby

    Ruby on Railsでアプリ開発!知っておくべき4つの手順と勉強法
  4. プログラミングの基礎知識

    セキュリティエンジニアとは?仕事の内容と必要なスキルまとめ
  5. ブロックチェーン

    ブロックチェーンエンジニア希望者におすすめのエンジニアスクール3選
PAGE TOP